Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

メンタルストレスに効く!?『理工学部卒のお坊さんが教えてくれた、こころが晴れる禅ことば』 泰丘良玄 【一般書籍レビュー】

2017年11月5日

メンタルのために実践したい度:★★★★☆

理系の大学出身である作者が選んだ、仏教・禅のお言葉集。
まず作者は「仏教というものは案外理系的ですよ」と主張する。

なぜなら殆どの教えの中に「原因」と「結果」が理論立てて述べれられているから、という。
更に超越的な存在を信仰するのではく、実在した人物の教えを学ぶのが仏教の本質であると。
(たぶん宗派にもよるとは思うんですけど)

文系の僕としては「なるほどそうだったのかすげー」などと素直に思える説得力だった。
また逆に最先端の理系(宇宙とか量子力学とか高等数学とか)を突き詰めていくと宗教的、哲学的になっていくらしい、というもの面白い話だ。

 

意味を知るだけでもストレスに効きそうな言葉

以下に読んでみて僕の心に響いた言葉をいくつか抜粋してみる。

「日々是好日」
毎日は良い一日である。
そして悪い一日もまた良い一日なのである。
とはいったって悪い日はやっぱり悪い日ですよねー、などと思う僕はまだまだ未熟者。

「歩歩是道場」
日常こそ自分を鍛える道場だ。
日常の当たり前の行動を意識的に行うことが修行なのである。

「無功徳」
結果を求めない美学のこと。
会社の上司にぜひ伝えたい。

「明鏡止水」
静かな心はただそれだけで美しい。

「忘筌(ぼうせん)」
筌は「ふせご」という竹編みで作られた漁具のことらしい。
ある日それでウサギが捕れたことがあったそうな。
でもそれはあくまでもイレギュラーですよ、ということで目的と手段を取り違えないようにという教えである。
でも僕「手段のために目的を選ばず」という言葉が座右の銘なんですが(笑)

「一挨一拶」
挨拶は命がけの問答だと言う。
よーしパパ明日から「おはようございますッ(殺気)!」とか挨拶しちゃうぞー(違

「風定まって花なお落ち、鳥鳴いて山さらに幽し」
風が止まったのに花が落ち、鳥の鳴き声が聞こえるのになおさら山が寂しく感じられる、の意。
まさに日本人のわびさびの心を表している。

「陰徳を積む」
陰ながら良いことをしましょう。
善行は人目につかないようにするからこそ尊いのです。
でもどうしても「いいことしてる僕を見て見て~」とか思ってしまう……

 

禅の言葉を知ることで確かに癒やされる

本書にはもっとたくさんの禅の言葉が紹介されている。
修行中もいいところの凡人たる我らには、なかなか実践は難しいものも多数ある。
でも意味を知るだけでも少しはその境地に近づけるような気にさせてくれる良書だった。

 

理工学部卒のお坊さんが教えてくれた、こころが晴れる禅ことば
ブックビヨンド (2014-04-18)
売り上げランキング: 24,074