ラブコメ小説、書いてみました 『旧い校舎の片隅で』 諸神大介(KDP小説)

2017年7月28日

ボーイ・ミーツ・ガール(&ロボ)@少し不思議な旧校舎」

「私は実験対象だから」
白衣の少女が言った。

夏休み、誰もが知っている、でも誰も覚えていない旧校舎に迷い込んだ少年は、そこで不思議な少女と出会った。
ついでにおせっかいなレトロなロボットと電子頭脳のコンビとも。

そして誰もいない図書館で、音楽室で、給食室で、中庭で、そしてプールサイドで、二人(とロボ他)の特別な、一生忘れられない「学校生活」が始まった。

 

 

 

人生にはラブとかコメとか絶対に必要なんだ。

そしてボーイはガールとミーツしなくちゃ始まらない。
舞台はSF(少し不思議)がいいよねー。

そんな思いを約7万字/約220枚に込めました。

ジャンルはライトノベル、というよりは自分ではジュブナイルだと思ってるのですが、果たして?

 

kindle unlimited対象なので、ご利用中の方は無料で読めます。

拙い作品ではありますが、読んでいただけたら幸いです。

 

追記(2017.07.28)

そういえば値下げしましたって書くの忘れてました(笑)

 

 

旧い校舎の片隅で 旧校舎世界シリーズ
(2017-03-03)
売り上げランキング: 257,997