もう国会もラーメン勝負で決めればいいよ…… 「喧嘩ラーメン」 全17巻 土山しげる 【マンガレビュー】

2018年2月8日

何でもラーメン勝負で決めちゃう度:★★★★☆
kindle unlimitedで7月上旬に読了

麺を仕入れさせてくれないだと!?、ラーメン勝負だ!

 

主人公・源田義経は市内の暴走族の総長にして、M市随一といわれるラーメンの名店「がんてつラーメン」の息子。しかしその店主である父は無理がたたって入院してしまうが、ラーメンチェーン店の陰謀に巻き込まれて勝負を余儀なくされてしまう。義経はその対決に勝利するが、相手の凄腕ラーメン職人・牛嶋の作った次世代指向のとんこつラーメンを食べて衝撃を受ける。次世代のラーメンはとんこつにあり、ということ知った義経は、西へ向けて修行の旅に出る。

wikipediaより)

どっちがご当地ラーメンとしてふさわしいかだと!?、ラーメン勝負だ!!(これは普通)

 

 

グルメ漫画の巨匠、土山しげるさんによるラーメンバトル漫画。
土山しげるさんがグルメ路線に転向した最初期の作品である、らしい。

元暴走族の総長・源田義経(早漏)が、さまざまなライバルとのラーメン勝負を繰り広げながら、人間として、ラーメン職人として成長していく様を描いている。
なんと義経の父ちゃんは素手で麺上げをする名人芸を持っているぞ!
(普通にザルを使うより何故美味しくなるかは謎)

 

 

官邸の指示や官僚の忖度があったかどうかだと!?、ラーメン勝負だ!!!

 

 

まあ早い話が、

 

1 義経が違う土地に行ってうまいラーメンを食う
2 その店がなんかピンチ
3 ラーメン勝負だ!
4 たいてい審査委員が買収されたりしちゃってるけど、なんとか勝つ。
5 Go to Next Stage!

 

この偉大なるテンプレ通りに話は進んでいく。
ラーメン勝負で何でも決めれば世界は平和になんじゃね?と思われるぐらいに、とにかくラーメン勝負!勝負!勝負!

 

 

国連安保理で非難決議が大国の拒否権でまとまらないだと!?、ラーメン勝負だ!!!!

 

もちろん巨匠土田しげる氏のことだから、出て来るラーメンは全部うまそう。
勝負に勝った理屈も説得力抜群である。
(たまによくわからんのもあるのは愛嬌だ)

 

 

箱の中の猫が死んでいるか生きているかだと!?、ラーメ……いやそれは開けてみれ

 

残念なのは、勝負に負けた相手が義経のラーメンを食って「こ、こんなの初めて~~~~」とか言いながら脱衣する、なんてシーンがないことぐらいだろうか。
(てゆうか敵方はほぼみなおっさんなのでそんなシーンは要らないですが)

ちなみに僕はこのマンガ、ラーメン屋さんを含むランチのお店で読むことが多かった。
実に食欲増進に役立ちすぎて、いい齢こいて大盛りとか注文してしまいがちだった。

 

みんなも土田しげる氏のマンガは、食べ物屋で読むのは要注意だヨ!

読むなら「めしぬま」あたりにしておきなヨ!(他意はありません)