レビュー, 一般書, 電子書籍(kindle)

そして僕が高城剛氏の文章を読んで感じたこと。それは「悔しいけどこの人は信用できる」だった。うむ、まだ「悔しいけど」はしばらく取っ払えないかもしれない。