【キンドル無料本情報】 僕が無料だからってすぐに飛びつくような男に見えるってのかい? 【その11】

2017年11月19日

イエーイ!!、その通りでーす!!!(火暴)

 

また(火暴)とか使ってしまった……。
お恥ずかしい……。

 

でも一応読む可能性が限りなくゼロに近いような気がする本は、最近はいただいていません。
蔵書が少なかったときは必死で貰ってたけど。

といいつつ面白そうだけど続刊は流石に買わないかなってくらいの無料本はいただいてしまってますね。

もちろん貰ったからと言って誰にも迷惑はかからないし、おそらくはポチったというだけでも出版社の実績(利益とは言っていない)にはなっていると思うので、まあいいのですが。

ただもはや手遅れだけど、蔵書が多すぎるとDLしてなくてもkindleアプリが重くなるのが困りモノ……。

 

それはさておき、3連発の最終回もはりきっていってみましょう!!

 

 

 

 

「四コマ漫画にして、このボリューム!! この濃厚さ!! 次々繰り出されるギャグの変化球にあなたは耐えられるか――!? 少女趣味の男子高校生、よく叫ぶ隠れキリシタン、真性ナルシスト、知りすぎた男、ナゾのオタクetc.……、まさに「そんな奴ァいねえ!」と叫びたくなるような変態の嵐!! マッドなネタ満載の第1巻!!」

的なお話らしいのですが、これまた懐かしいですね。
ってあんまり覚えてないんですが。

 

 

 

「高校に進学しないというカズヤに憧れながらも、親の悲しむ顔が見たくなく、なんとか高校に合格したタカシ。でも、周りはダサいヤツばかり。やっぱり、族仲間とツルんでいる時が一番楽しい。しかし、楽しいばかりで済まないのが「族」。」

的なお話らしいのですが、1巻は8月にいただいてました。
僕は基本的には現実の珍走団もDQNも893も大嫌いですが、マンガ世界の中では別です。
アウトローに憧れる気持ちって、やっぱりどこかにありますよね。

 

 

 

「不景気の最中、ようやく定職に就けた神谷三蔵(かみや・さんぞう)27歳。ホッとしたのも束の間、武藤史子(むとう・ふみこ)なるドSなメガネ女子に否も応もなくギタリストとしてスカウトされてしまう。ギターなんて触った事すらないのに、1ヵ月後にはライブで演奏しろという。それができなければ会社はクビに。」

的なお話らしいのですが、そんなご無体な(笑)
あと確かにEは抑えやすくていいですね。
Fとかご勘弁なのは言うまでもないですが、Cも案外むずかしい……。

 

 

 

「幕末最強、女座頭市(ざとういち)、推して参る!! 女がいた。両の瞳は光を知らず、夢も希望も無用の身。あるのは唄と冷たい刃。時は幕末、世は動乱。生きるために唄い、生きるために斬る――。」

的なお話らしいのですが、座頭市って、ずっと名字が座頭で名前が市だと思ってました。
シグルイを読むまでは。

 

 

 

「八百年の時を経て、江戸の世によみがえったのは、平安の世からの宿縁。己を太刀に封じ込めた陰陽師・安倍清明に復讐すべく復活した伝説の外道法師・蘆屋道満(あしやどうまん)。迎え撃つは、体内に狗神(いぬがみ)ゴウザを宿した男、十蔵! 災厄の封が解かれるとき、数奇な運命の歯車が回りだす。」

的なお話だそうですが、それにしても安倍晴明はいろいろなフィクションで復活したり昔からそのまま生きてたりチートお助けキャラだったり黒幕だったりとなかなか大変ですね。
まあ織田信長ほどではないですが。

 

 

 

「悲しみと欲望が混淆する街、スラムストリート。人々は大切な人ともう一度会う為に、ネクロマンサーと悪魔の契約を結ぶ。その青年が操るのは、死者蘇生の秘術! 美しくも儚い生死の物語が今、幕を開ける!!」

的なお話らしいのですが、どうやら生と死をテーマとしたオムニバス集の模様。
表紙の雰囲気が素敵です。

 

 

 

「27歳、高校の同窓会に参加した6人。弁護士秘書のたまき、サラリーマンの巧海(たくみ)、シングルマザーの優華(ゆうか)、靴の販売員・太一(たいち)、IT社長・庄司(しょうじ)、教師の萌(もえ)たちは好きだった人の話に……「たまきには巧海以外に好きな人がいる」と優華が嘘をついていた! 本当は両想いだったたまきと巧海。夜が明けるとたまきは10年前、高校2年の夏に戻っていた。なんと巧海も戻っていることがわかる。そして、ふたりに届く「嘘つき」というメール……。」

的なお話らしいのですが、でましたタイムスリップ若返りやり直しモノ。
やや食傷気味な設定ですが、だからこそうまく描けば物語の王道となり得るでしょう。

 

 

 

「近所でも一押しの悪ガキ・花田一路(はなだ・いちろ)少年。ある日、いたずらが過ぎ自動車に激突してしまう。幸いにも九死に一生を得たがこの事故以来、頭に残った9針のキズと共にオバケが見えるというコワ~イ能力まで得ちまったからたまらない。」

的なお話らしいでのすが、そりゃあたまらないですな。

 

 

 

「工業地帯N市の外れにある平屋に住まう網野家の三姉妹。彼女たちは、その風貌と数々の奇行から、こう呼ばれ恐れられていた……「闇の三姉妹」!掲載のたびに読者がショック死すると噂される“心臓凍結!ハートFreezing4コマ”、それが『やみさん』だ!」

的なお話らしいのですが、まだショック死はしたくないので読まないでおこうと思います。
じゃあなぜポチった、とかは無しの方向で。

 

 

 

「可愛い顔して腹読めぬ――犬似のパン屋さん開店! 「私が犬に見えるって? はっはっは よく言われるんですよ 犬顔だって」見た目は可愛い柴犬だけど、完全に人間のしばたさん。」

的なお話らしいのですが、いや犬だろ完全に……。

 

 

 

「少し近未来な世界、ロボット技術の発展はめざましく、「ミガワリ」と呼ばれる代行ロボットが人間の生活を助けていた。そんな中でもめっぽう変わり者なロボット・7号。彼女は依頼を受けてどんな姿にでも成り変わるミガワリロボットだった。かわいい絵柄と独自の世界観を持つ恩田澄子が描く「廃棄ロボットと人間の近未来SF」スタート!」

的なお話らしいのですが、もう設定的にアレですわ、超好みですわ。
これは読むしか無いですわ。

 

 

 

ということで、今週はなんか無料本を64冊ほど(σ・∀・)σゲッツ!!してしまったから、もうこの辺で勘弁してください。どうかお願いします。