Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

【キンドル無料本情報】 伝説的巨匠の……圧倒的……無料本……! 【その25】

警告……ハルマゲンドン……接近……!

 

これは確か映画版「幻魔大戦」のキャッチコピーだった気がする。

そんなわけで伝説的巨匠、もはやマンガ界の神の一柱であらせられるところの石ノ森章太郎先生の全集から5冊無料です。

しかも見ても分かる通り、なかなかマニアック、てゆうかマイナー路線。
これはこれで楽しみであります。

そうそう、幻魔対戦といえば若かりし頃に小説文庫版の「幻魔大戦」全20巻?と、「真幻魔大戦」を途中までと、あとなんか適当に読み散らかした覚えがありますが、前述の映画版の内容を含めてよく覚えてないです(笑)

ということで昨日に引き続きいってみましょうっ

 

 

 

 

” それは、十数億年という気の遠くなるほど長い戦争だった。宇宙の破壊者「幻魔」との激闘──。強大な幻魔大王の力は宇宙の大半を破壊し、ついにその魔手は地球に伸びる。幕を開けるハルマゲドンを前に、今、高校生・東丈(あずまじょう)の超能力が覚醒する! 『8マン』の原作者・平井和正とコンビを組み、超能力戦争と世界の終焉を描いた永遠のベストセラー。劇場版アニメには大友克洋も参加。SF漫画の金字塔、ここに開幕!! ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、「8マン」とか言われてもお若い方はわからんでしょう。
つうか僕も流石に古すぎてよくわからん!

それはさておき、マンガ版は昔一度どこかで読んだ記憶があります。
なんだか割りと普通の少年マンガだったような……
そんで最後は打ち切りっぽかったような……
その反動なんですかね、あの原作小説の悪魔的な長さは。
でもほとんどバトルもせずに説教だったような……

 

 

 

” 幼い頃、東西二つのブロックの戦闘に巻き込まれた為に両親を喪ったミレーヌ・ホフマン。今ではその身をサイボーグ化し、ウエスト・ブロックの諜報部員として任務を遂行する。彼女のコードネームは「009ノ1(ゼロゼロナインワン)」!! ……謎の人物・Mr.リヴェンジの招待で古城に招かれたスパイ達。中にはミレーヌの姿も。そして「宝探し」と称するゲームの過程でメンバーが次々と殺されてしまい……!? 全7編、収録。 ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、サイボーグ009と言えば紅一点のフランソワが好きでした。
コチラの作品のヒロインはゼロゼロナインワン!?
はっ、「くのいち」かっ
さすが巨匠です。

 

 

 

” 江戸の遊郭・吉原の大門前にあるおもちゃ屋は、店番の男「とんぼ」が削る竹とんぼで子供達から大人気。しかしこの店の本業は、吉原での借金を取り立てる「始末屋」だった……! 図体がでかくて頼りなげなとんぼが、色事がらみ、金がらみ、親子の情愛がらみなど、吉原の様々な厄介事を、“粋”に巧みに解決する! 情緒あふれる庶民の生活を活写し、1975年の「ビッグコミック」連載開始から好評を博した、人情時代劇の傑作! ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、こちらは全然読んだことないです。
なんか「浮浪雲」みたいな?
「お姉ちゃん、あちきと遊ばない?」的な?

 

 

 

” 旧石器時代から1990年代までを網羅した大長編。国際社会の中の日本という位置づけで、史実はもちろん文化史、庶民生活や人間の精神・感性までもが織り込まれている。第1巻は、後漢王朝へ朝貢し、光武帝より金印を授けられる「倭人」と弥生文化の発展を描く。【目次内容】序章 後漢王朝へ、倭の奴国より……/第一章 稲作文化、海を渡って日本列島へ/第二章 自然を征服する人々の歓びと怖れ/第三章 百余国の王と民衆 ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、これも流行りましたね、昔。
でも当時の僕は勉強臭いマンガはキライだったので読みませんでしたが。
今読むときっと面白いでしょう。
なんで勉強って、大人になると面白くなるんでしょうね?

 

 

 

” 真っ赤なギターを背負ったその男は、機械だった…!? ロボット工学の権威・光明寺博士が、亡き息子を偲んで開発した人造人間「ジロー」。彼には特別な「良心回路(ジェミニィ)」が備わっていた! が、研究支援者でもあった大富豪ギル教授の企みにより研究所は爆発、博士は行方不明となる。回路が未完成なまま消えた「ジロー」を探せとの父のメッセージに、娘のミツコは…? 自らの存在意義に苦悩する石ノ森ヒーロー、登場! ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、とにかく左右非対称な主人公のデザインは今見ても素晴らしい。
しかもそれにはちゃんとテーマに根ざした理由がある!
巨匠、マジぱねえッス。

 

 

 

” 銃工屋を営むラリーはシカゴ屈指の賞金稼ぎ<バウンティハンター>。ある日、コカインの密売人・ダッヂが保釈後に警官を射殺し逃亡するという事件が起きた! 事件現場に向かったラリーは、依頼してきたダッヂの弁護士の言葉に、ある違和感を感じていた……。 ――銃工屋<ガンスミス>のラリー・ビンセントと爆薬専門家<ボムスペシャリスト>のメイ・ホプキンスの凸凹コンビが繰り広げるエキサイティング・ガンアクション!! ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、ここからは普通の無料マンガでございます。
このどことなく昭和の薫りがただようような表紙、とても素敵です。
美少女がガンとバクダンもってアクションとか、面白くないわけがない題材でもあります。

 

 

 

” 鎌倉時代末期。商人にこき使われる奴隷身分の下人・石は、ひょんなことから武士にとらわれた謎の男・猿と出会う。協力し合ってなんとか自由を手に入れた二人。しかし、猿の口から出たのは、信じがたい言葉だった。「これから、700対2の戦を始める」太平の眠りをぶち破る驚天動地の歴史活劇が開幕! ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、時代劇マンガのようですが鎌倉時代ってのが珍しいですね。
あらすじからも表紙からも、ゴリゴリの骨太な時代劇が堪能できそうな雰囲気が漂ってますが、果たして?

 

 

” 近頃のエッセイコミックには、コクが足りないとお考えの諸姉諸兄へ。男性読者をおののかせた衝撃の露出魔ルポ! 何の前触れもなく始まったパニック発作との激闘! 忘れえぬ猫・アカの思い出や膀胱炎の顛末(てんまつ)から、ヘビ飼育への憧れ、大統領暗殺を予知しちまったよ事件など、描き下ろしを含む濃厚だけどノホホンな計13編。人気イラストレーターが捨て身で描く実録漫画!! ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、前も書きましたが僕コミックエッセイはあまり好きではありません。
いや正確に書くと普通のマンガを読むのが忙しくて、流石に手を出せないでいたジャンルといいますか。
でもたまに読むと面白いですよね。
といいつつもあんまり赤裸々すぎても気が滅入るので困るのですが、これはどうなのかな。
あらすじから既に危険な香りが……。

 

 

 

” 土塚理弘式シュールギャグの決定版「清杉」シリーズを、電書完全版『清村くんと杉小路くん』(全12巻)として再編集!本編では相変わらず清村と杉小路がサッカーしたりしなかったり、スイーツ食べたり食べられなかったりで大暴れ(?)。連載時のカラーや単行本おまけの「土塚が斬る!」などはそのままに、「心の叫びシリーズ」「清村くんとおでん」「安井とタコ」などの電書完全版限定の描き下ろしおまけをがっつり収録! ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、ほほう、シュールギャグですか。
それは面白そう……だけど危険なジャンルでもある。
笑える笑えない、合う合わないがほぼ感性の個人差の世界ですからね。
時代性もあるし、年齢という問題もある。
まあ読めばわかるか。

 

 

ソマリと森の神様 1巻

ソマリと森の神様 1巻

posted with amazlet at 17.12.23
ノース・スターズ・ピクチャーズ (2016-01-20)

 

” 地上は異類異形の人外たちが支配する世界。 人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。 そんなある日、森の番人である「ゴーレム」と ひとりの人間の少女が出会う。 滅びゆく種族「人間」と森の番人「ゴーレム」の父娘の絆を綴った旅の記録。 ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、うむ、超好みのあらすじであります。
ベタと言われようと、こういうの好きです。
後は表紙のクオリティが中身でも発揮されているかどうかですね。
これもさっさと読んじまおうっと。

 

 

 

” 故あって日本という祖国を捨て、満州の地で遊撃隊の一員となった青柳龍兵(あおやぎ・りゅうへい)。日本人であることを捨て、アジア人だと名乗った龍兵は、中国語を習い、馬上の射撃の腕を上げ、次第にかの地に溶け込んでいった。そんな中で彼を伝説の“青龍”ではないかと考える人間がいる反面、龍兵自身は、自分の力の目覚めをまだ知らない……。そして南満州鉄道所有の炭鉱では、氷に閉じ込められた青い恐竜が発見された! ”

 

 

” 大攪杷(ターランパ)の遣いで、玉琴(ユーチン)と旅に出た龍兵(りゅうへい)は、山賊たちに襲われてしまう。玉琴を守ろうとした龍兵は、突如凶暴化し、山賊たちを次々と斬殺。そのあまりの力を収めたのは玉琴だった。しかし、翌朝目覚めた二人は、そのことを覚えてはいなかった……。“青龍”の目覚めは近いのか? 有力者たちが注目する中、満州馬賊の総元締めである尚旭東(シャンシュイトン)が龍兵たちの前に現れ……!? ”

という「まさに……悪魔的……!」と言えなくもないお話なわけですが、1巻はついこの間頂きました。
その後あまり間を置かずに2,3巻と無料ですか。
じゃあもう続刊もアンミリでいいから無料にしちゃいなヨ!

 

 

 

 

 

ということでまた今週もいっぱい貰っちゃったなあということで、このくらいで勘弁してやらあっ