Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

他人が何食ってても気にすんなヨ!(主人公全否定) 「食の軍師」 6巻まで 泉昌之 久住昌之 【マンガレビュー】

2014/7/19~2017/12/16にかけて購入。

食の軍師

 

普段、私たちが何気なく食べている料理…だが、そこには奥深い兵法が潜んでいる!!何を注文するのか? どんな順番で注文するのか? この選択によって「食の軍師」としての知力・能力・経験が現れる。主人公は、自分自身を「三国志」の名軍師・諸葛亮孔明になぞらえ、様々な戦略を繰り出す!! 攻める相手は、料理。おでん、もつ焼、寿司、蕎麦、とんかつ、餃子、焼肉、弁当などなど、私たち一般人が日常的に食べているメニューがズラリ。だからこそ、面白い!! 様々な店で繰り出される陣形!! 店を訪れる客との真剣勝負!! このこだわり、この緻密さ!! 一度読めば皆、軍師の気持ちになること間違いなし!!これぞまさに、エンターテインメント・グルメ漫画である!!!

 

 

簡単なまとめ: 自分を諸葛亮孔明だと思いこんでいる素人が、勝手に敵だと思いこんでいる食通の男を相手にグルメバトルしていると思い込んでいるマンガ

 

 

とか書いちゃうとなんだかお脳が少々おかしい人のマンガみたいである。

そういえば「野原ひろし 昼飯の流儀」というクレヨンしんちゃんのスピンオフグルメマンガに対して、ネットなどでは「自分を野原ひろしだと思っている素人がただ昼飯を食うクソコピペマンガ」などという悪口をよく見かける。

このマンガはそこまで酷くない。コピペとかあんまり使ってないし(笑)
でもあながち間違っていないかも知れない。

だって食べ物屋に入って、他人が何を食べているのかとかそんなに気になる?
それってある種の強迫観念的なアレじゃね?
ちなみに僕はまったく気にならない……こともないけど、基本的にはどうでもいい。
ただたまたま目に入ったりしてしかも美味しそうだったら、次食べようかなくらいの参考にはする。

食通を気取りたいとも思わない。
逆に「ここはあれがうまい」「それはイマイチ」とかいちいち言う男にはなりたくない。
聞かれたらさり気なく答えるくらいがカッコEと思うのだが、それはまあ人それぞれかもしれない。

 

 

でもよく考えたら主人公の本郷さんが他人が食べているものをまったく気にしなかったら、主人公のキャラクター否定というよりは世界観の全否定でもある。
そりゃあんまりですよねー

 

ところでこれもネットではよく言われているのだが、この作品において1巻だけがすごく面白くてあとはイマイチ、というレビューをよく見かける。
これには残念ながら同意せざるを得ない。
あつかうジャンル的に1巻の面白さがだんだん薄まっていくのは仕方がないのだろうか。

 

ちなみにこのマンガは巻ごとにテーマがある

 

1巻: 日常メニューグルメ
2巻: 東京近辺地元グルメ
3巻: 関東有名店グルメ
4巻: 神社仏閣グルメ
5巻: 東京で食べられる地方グルメ
6巻: 大衆食堂グルメ

こんな感じ。

ストーリーは主人公がぷらっと入った店でこだわりのメニュー選びで成功したり失敗したり、時々出てくるライバル力石に完敗(その勝敗の基準が全然わからんのだが)したりする、それだけである。

 

1巻の日常メニューグルメでは、良い意味で「あるあるそういうの!」的なネタが散りばめられ、本当に面白かった。
でも流石にそれは続けられなかったようだ。

 

正直、東京やら関東やらのお店や神社仏閣や食堂とか、地方人の僕にはピンとこない。
登場するメニューもなんだか味が想像できないものも多い。
そうじゃないものはあまりにもありきたりだったり……。

 

 

 

 

おっとなんか批判ばかり書いてしまったが、この僕が既刊全部買ってるくらいだから、実はいいところ、面白いところもたくさんあるのである!(なんか偉そう)

 

たとえばグルメマンガにしては、主人公の失敗がやたら多い(てゆうかほとんど)ところが、ユニークである。
美味しい!だけじゃないのがまさにミソだ。

それに軍師だ戦略だ作戦だといろいろ御託が多いが、実は結構場当たり的な行動が多いのが、マンガ的だと言える。

それに主人公がスタイルからしてハードボイルドを目指してる感ありありだが、実はどう見ても「ぼっちキョロ充」というところがやっぱり面白い。

って全部主人公の悪口じゃん!

 

 

 

まあようするに愛され型の主人公なのである(なんか無理やり)

 

それにしても「食」に毎回これだけお金をかけられるのは羨ましい。
そして移動にクルマが必須の地方人としては、外食で酒を飲むというのはそこそこ覚悟のいることなので、そういった点でも羨ましい。

ところで主人公vs力石というのもマジで飽きてきたので、そろそろ新キャラとかどうでしょう。
テコ入れで萌えキャラとか(笑)