Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

【キンドル無料本情報】 弾幕(無料本)薄いよっ、何やってんの!! 【その28】

Amazon様におかれましてもようやくの正月休みでしょうか

 

てゆうか無料本の設定は各出版社が独自にやるので、Amazonはあまり関係がない模様。
(他の電子書籍モールの後追いセールは、勝手にAmazonがやるらしい。しかも手作業で。笑)
ということは各社の電子出版担当者様がお休み、ということでしょうか。

まあどちらでもいいでしょう。
思う存分休むが良いぞ(なぜか上から

そして休み明けに勃発させるのだ。
休みボケでついうっかりいろんな本を無料あるいは99%オフにしちゃったヨ!的な事件をなッ!!!

 

 

とかなんとかいいつつも、今週も少ないながら渋いラインナップがそろっているので、さっそくご紹介してきましょうっ

 

 

 

 

 


” たとえばテキトー下ネタ編集者、たとえば熱いゆえに極端に視野の狭い編集者、たとえば元々マンガ家志望だった編集者、たとえば分析好きのデータ主義編集者……そんな人たちに振り回される新人マンガ家、中洲川ルミ(本名:田中マチ子)。「言われた通りに描いたのに……」果たして「連載」という夢を勝ち取ることはできるのか!? ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、こちらはかわいくてそこそこスタイルのいい25歳の新人マンガ家で未だに純潔を維持しているというレアな属性を持つ主人公が変な編集者にやられそうになったりなんだりという作品。
最初の数話を読みましたが、なかなか面白い。
特に物理的に身持ちが固いというか硬すぎて危うきを逃れるところとか(笑)

 


” 臨床医希望の医学生・一(はじめ)が研修で配属されたのは、変わり者がいるという噂の法医学教室だった。死体相手の法医学に興味がない一。だが、変人と名高いユキは、死因不明の遺体の謎を次々と解いていく。遺体の無念と、遺された遺族の心を救っているユキの姿を見て、法医学でも人を救えるということを学んだ一。徐々に法医学とユキに興味を持ち始め……!? 新感覚・法医学ミステリー!! ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、1,2巻も無料です(僕は以前に確保済み)
なんだかそのうち高確率でドラマ化されそうなあらすじですね。
てゆうかそもそも「法医学」というテーマも、マンガでもドラマでもレアというほどのものではないですが。

 


” 高木一馬は、負けず嫌いの小学3年生。その父・勝馬は、かつてはマラソンのトップ・ランナーだったが、今は酒とギャンブルの負け犬人生を送っている。そんな2人に、突然、離別の危機がおとずれた。父と子の絆と、過去の栄光をとりもどすため、勝馬は、ついに再起の道を歩みだす!幻のランナー、奇跡のカムバックなるか!?井上正治の情熱のマラソン・ストーリー、スタート! ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、表紙からしても「ザ・少年マンガ」といった風格の漂う一作。
親子モノだからきっと泣かせに来まくるでしょう。
いいぜ!、来いよ!、さあ!、今!

 


” 青春ロケット発射!! 『バリバリ伝説』『頭文字D』などのビッグヒットを放ちつづける“青春クリエイター”しげの秀一が描き出す、高校アスリート&ラブストーリー! 南陵(なんりょう)高校陸上部の北村高志(たかし)は、同じ陸上部の親友・池田典明(=ノリ)のカノジョ・工藤晶(しょう)のことをひそかに想っていた。しかしその美少女が、「実はほかに好きな人がいる」と打ち明けてきて……!? 恋に部活に、誰よりマジな陸上部員たちの青春物語――ハッシャ!! ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、あれ、しげの秀一さんにしては表紙がかわいいぞ!?(超失礼
それにあらすじがめっちゃ普通だ。
いやまだ油断はできない。
この子達陸上部ということだけど、きっとそのうち峠とか攻めだして「妙義の桃色三連星」とか名乗りだすに違いない。

 


” 瑞々しさ200%! This is リアル“歳の差”ラブストーリー!! ――売れない漫画家・多村幸一(たむら・こういち)は別れた妻と再会するはずの思い出の地で、金髪ギャル・高嶺花(たかね・はな)と出会う。その別れしな、多村はクルマにひかれそうに! 恐怖を感じた多村は友人の探偵・大崎(おおさき)に相談するも、なんの手がかりもなかった。そこへ貴重な情報をもらしてくれたのが、花だった――。『頭文字D』のしげの秀一が描くラブ&ミステリー! ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、なんですかこの表紙は。
めっちゃ怖いんですけど。ホラーかな(超失礼
それからあらすじから漂う土サス感が、さらなる恐怖を煽ります……

 


” 潜在的な波動(ウエーブ)を持つ格闘の天才、その名は“将”。彼の闘いは、ある朝突然、始まった!! 不気味な雰囲気をもって転校してきた“結城”。彼は学園内で結城グループを作り上げ、グループの優位を絶対的なものとするため、将の友人でもある秀樹をも叩き潰す。しかも、彼の裏にはまだ正体の見えぬ黒幕の姿が見え隠れし……。そして、将との闘いが始まる。今、朝霧高で何が起きようとしているのかっ!? ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、なんだこのアゴ(笑)
これだけ鋭角だともはや「イケメン」と言うほかはない。
あとなんかよくわからないけど「潜在的な波動」とやらを持ってる格闘家ということだけど、そんなものよりもこの尖ったアゴで相手の頸動脈とか切り裂いたほうが強いと思う。

 

 


” “女が欲しい~!”男子校で、しかも工業高校でたった一度の青春を棒に振りたかねーぞ!! ってなワケで、油まみれの作業服にパンチ頭が妙に似合う赤木駿(あかぎ・しゅん)は、モテたいがために第2バレーボール部を作ってしまった!──油の匂いにゃ超ツヨイが、女の香りにゃめっぽうヨワイ、痛快学園コメディー!! ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、でましたたまに無性に読みたくなるヤンキーマンガ。
そもそも「女がほしい~!」とか叫んじゃうような人は最初から工業系の男子校とかいっちゃイカンと思う。
でも最近は工業高校系にも普通に女子とかいるようですね。
それはいいことだ。

 


” 沼工おバカ3人組、高校無事卒業~。赤木は家業の鉄工所の手伝い、宮本は板前見習いの社会人として歩みはじめた……のに、最強バカ谷口(たにぐち)は留年し、もう一度3年生をやることに!! くんずほぐれつしまくった女たちも、それぞれの道を歩みはじめている。なんだかみんな大人になっちゃったのね……、と思ったら、新たな出会いもいっぱい! 宮本は職場の年上の女性としっぽり!? 行方不明の虎子はどうなったの? 相変わらず、ヤツラの周りはエロと元気が溢れてる! ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、ちゃんと卒業できたようで何より(一名除く)。
いや、何を卒業したというのだろう。
この支配から?

 


” 埼玉随一の歓楽街・大宮南銀座。そこに年齢不詳、職業不明、いっさい謎の男が現れた。わかっていることはただひとつ、「彼を気持ちよく飲ませればお店にたくさんの客が来る」こと。『バレーボーイズ』シリーズの村田ひろゆきが描くムラムラの夜の“歓楽”ストーリー! 読めば呑みに行きたくなるマンガです。 ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、なるほど、ムラムラの夜の歓楽ストーリーですか。
まあよくわかりませんが、正直普通のヤンキーマンガよりも読みたくなるよなキャッチコピーではあります。
読めば飲みに行きたくなる、か。では試してみましょう。

 


” 愛田(あいだ)病院の第4診察室を受け持つ早乙女(さおとめ)は、 口も態度も悪く、すべてが常識外れ! 新しくやってきた看護師・姫野(ひめの)は、 反発を覚えるが、やがてそれが患者のためだと気づき……。 ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、薬剤師、もとい893医師の話ですか。
こういう破天荒な医者はマンガのモチーフとしてよく登場しますが、果たしてこの作品の主人公はどれだけぶっ飛んだ人でしょうか。

 


” これが魔性の「フィンガーテク」だ!! 出張マッサージで、心もほぐれるモミモミストーリー!! ストレスだらけのキャバクラ嬢に、熟女人妻、不感症ギャル……悩めるバディは、誰でも歓迎。天才マッサージ師・苅谷捷(かりや・しょう)が、依頼人(ほとんど女性)の体の“コリ”はもちろんのこと、心の“コリ”までほぐしやしょー! 『工業哀歌バレーボーイズ』の村田ひろゆきがお贈りする、ちょっぴりHなドタバタ喜劇! ”

……という人間とは何かを問いかけて来るような全然そうでもないようなマンガなのですが、こちらは魔性のテクをもつマッサージ師のお話ですか。
もはやそれだけでだいたいどんな話になるか読めちゃうような気がしますが、きっとここはベテラン作家の技で予想のちょい上を行く面白さを提供してくださるでしょう。
いや、予想通りでも十分楽しめそうですけどね。

 

 

 

 

 

ということで今週はベテラン作家のしげの秀一さんと村田ひろゆきさんの無料本を中心にお届けしました。

そんで少なめとか言っても結局11冊もあったことだし、今週はこれくらいで勘弁してやらあっ