この小学校、病人多すぎじゃね?(^^;) 「放課後カルテ」 3巻まで 日生まゆ 【マンガレビュー】

2014/3/30~ 無料で(σ・∀・)σゲッツ!!

放課後カルテ

 

過食症、ナルコレプシー、ベル麻痺――。小学校にはあなたの知らない病気で溢れている。子供たちの未来を守る最後の砦「保健室」に謎の問題医・牧野(まきの)先生がやってきた! 小学生たちの身近に潜む、名も知らぬ病気の数々――。口も態度もでかい謎のドクター・牧野先生がだれもが見落としてしまう小さな病気のサインにどこか冷めながらも(?)向き合うようですが……!?

 

 

基本的には素直に感動できる医療マンガ、ですが

 

大きな疑問がひとつ。

……この学校、病人多すぎじゃね?

 

ドクターコトー診療所か!
(小さな島の村なのに、重大事故や大病・奇病が多すぎじゃね?という意味で)

 

あるいはコナンくんか!
(コナンくんがいるから事件が発生しまくりなんじゃね?という意味で)

 

元いた病院でいろいろと何かあったらしいのも、コトー先生っぽい。
3巻までしか呼んでないので、詳細はよくわかりませんが。

それとマニアック?なとことでは、ナルコレプシーとか聞いちゃうと「リトルバスターズ!」か!などとも思わないでも無かったり。

 

 

でもこれは僕が知らなかっただけで、今も昔もこうした病気と密かに戦っていた子供達は多かったのかもしれない。
特に最近では、昔は病気と思われていなかった症状が、医学の進歩で新たな病状と認定されたり、ということもあるのかもしれない。

ということで、病人多すぎ~とか安易に揶揄していいものではないのかもしれないと、書きながら思い至りました。反省。

 

であれば、実は「学校に医者が常駐ってそれは安心だけどなんだかもったいなくない?」と思ったりもしたのですが、これだけ様々な病気が次々と発生するならば、看護師さんもセットで必要じゃないですかね。
当然ドラマ的には最初は学校医と反発し合うも、次第に惹かれ合う二人……
(やっぱりドクターコトーか。笑)

おっと、そういう展開になりそうな女性教師はいましたね。
でもあまりときめかないのは何故だろう……。

 

 

 

無料本特集のときにも書いたけど、まさにドラマ化待ったなし?

 

すでにとっくに企画が出てる気がします。
医療モノというのはドラマ業界でも鉄板ネタだし。
そこに子役が大量に出演すれば、将来化ける子供もでてきそうだし。
といいつつも僕全然ドラマとか見ないので、どうか好き勝手にやってください。

 

そうだ、どうせなら映画化して、しかも監督は○池監督とかどうスか?
原作リスペクトと興行収入以外はきっと完璧っすよ?(超酷

 

 

 

それはさておき、子供が頑張ってる姿を見ているとそれだけで涙腺が緩みまくる僕。
このマンガの中でもだいぶ緩まさせていだきました。
いやもうね、泣くなってほうが無理。

 

そんなナイスなマンガなのに3巻まで無料でいただいてしまいましたが、残りの巻もぜひお安く入手したい所存。
まあ3割引程度では買えませんので、どうかそのあたり忖度(既に死語?)お願いします>アマゾン様