Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

【キンドルセール情報】 セールがキタので無料マンガパラリンピック閉幕です!! 【電書特売録モロガミ】

貰ってばかりじゃ申し訳ねえってことで、ちゃんと買ってもいるんです!!

 

でもセールしてくれないと買わないのですが。
最近では最低線で50%オフか、ポイント還元。
2割引きとか鼻で笑う感じ(フフン

 

……なのでなかなか小学館と集英社のマンガが買えないのです。
いやほんと、この2社と秋田書店あたりはマジで超絶ホワイト出版社であらせられる講談社様を見習って欲しい。

でないとポプ子ちゃんに竹書房と同じ目にあわせて貰いますよ?、ん?、ええんか?

 

 

んで今回僕の琴線というかセール脳に触れたのは、

『フタスペ』全点50%ポイント還元フェア

 

です。

やるな!、双葉書房!!
僕の中では集英社や小学館を超えたよ!!!

 

でははりきって買ったった自慢はじめましょうっ

 

 

 

 

 

私の少年 : 2 (アクションコミックス)
双葉社 (2016-12-12)
売り上げランキング: 218

 

” 30歳OLと12歳小学生。その関係はもう、他人じゃない――。多和田聡子と早見真修。二人で過ごす時間を特別なものと感じ始めていたその矢先、事件は起きる。聡子は真修の家庭が抱える歪さを垣間見る事に――!?1巻発売とともに大反響を呼び、発売2ヵ月で10万部を突破した大人気コミック、待望の第2巻!! ”

 

私の少年 : 3 (アクションコミックス)
双葉社 (2017-07-14)
売り上げランキング: 123

 

” 30歳OLと12歳小学生。真修と離れる決意をした聡子だったが「聡子さんにあいたかった」という真修の言葉で自分の感情に気付く。二人で過ごす時間がずっと続いてほしい、そう願う聡子は真修の家族と対峙することになる――。「このマンガがすごい!2017」<オトコ編>第2位ほか各メディアで話題沸騰中、待望の第3巻!! ”

 

 

” 30歳OL・多和田聡子と、12歳小学生・早見真修。交流を重ねる2人だったが、その関係が真修の父親の怒りを買い、聡子は元彼でもあり、上司でもある椎川の計らいで、仙台へと異動になった。2年後、偶然再会した2人は――…。「このマンガがすごい!2017」<オトコ編>第2位「第3回次にくるマンガ大賞」第3位ほか各メディアで話題沸騰中、待望の第4巻!! ”

……などという人間の肉体の可能性を具現化したようなそうでもないようなマンガを買ったのですが、俗にいうオネショタマンガ。
オネショタとはお姉さんとショタ、つまり少年がどーのこーのという、背徳感漂うジャンルのことです。
ちなみになんで少年をショタというかというと、僕が知る限りでは正太郎コンプレックスの略でショタコン。最近ではコンも略してショタ、と。
ではその正太郎って誰やねんというと、なんと鉄人28号の主人公、正太郎少年らしいのです。
まあそんなことが何十年か前のOUTだかアニメックだかふぁんろーどだかに書いてあったと思います。(今ググったら、ふぁんろーどだった模様)

まあそれはさておき、30歳OLと12歳の訳あり美少年の物語。
燃えないはずがない!
萌えではない、燃えだ!!

ということで1巻は無料でいただいていたので急遽読んで、うむこれなら!と続刊を50%ポイント還元でお買上げとなった次第。
30歳OLとか僕から見たら小娘にしか過ぎないので、そのあたりもお楽しみポイント?です。

 

 

盤上の詰みと罰 : 2 (アクションコミックス)
双葉社 (2015-12-16)
売り上げランキング: 5,420

 

” 彼女の名は霧島都。元女流六冠の棋士。明るい笑顔の裏で、実は彼女は1ヵ月毎に記憶がリセットされる病であった。そのきっかけとなった5年前の対局相手を探すため、全国将棋ひとり旅へ出た都だったが――。
愛と謎が渦巻く、本格青春将棋マンガ完結巻!
将棋監修:戸辺誠 ”

……などという人間の肉体の可能性を具現化したようなそうでもないようなマンガを買ったのですが、こちらで1巻をレビューした作品の続きというか最終巻をすかさず(σ・∀・)σゲッツ!!

 

この最終巻ですっきりと解決いや詰みとなるらしいので、読むのが非常に楽しみでありつつちょっと怖い気もします、期待度が大きいだけに。

それはさておき今とても盛り上がってる将棋界。
特に藤井5段には毎食1万円くらいかけていいもの食ってもらって、一部のコウルセー嫉妬深い大人をウキーってさせて欲しいと思います。

 

 

千と万 : 3 (アクションコミックス)
双葉社 (2016-09-15)
売り上げランキング: 2,352

 

” 中学1年生・詩万は誕生日を迎えて13歳となり、中学2年生に進級するけど、相変わらずわがままで!?一方の父・千広もあいかわらずのマイペースで、詩万をイラッとさせて!?冬から春、そして夏へ。本音をぶつけ合う父と娘のふたり暮らし、完結巻。 ”

……などという人間の肉体の可能性を具現化したようなそうでもないようなマンガを買ったのですが、1,2巻は既に買ってました。
多分無料じゃなかったと思うけど、セールだったのは間違いない。
かーちゃんのいない父子家庭の、本当にほのぼのとした日常モノ。
特に事件とか何にも起こりません。
いや第一話冒頭のアレは大事件だったか。

父子家庭モノといえば「うさぎドロップ」とか「甘々と稲妻」とか、あからさまに僕を泣かせに来るような作品が多いのですが、コチラは特にそんなこともなく淡々と進んで淡々と終わる模様。
まあ現実なんてそんなもんかも。マンガだけど。

 

 

どんぶり委員長 : 2 (アクションコミックス)
双葉社 (2016-02-15)
売り上げランキング: 6,342

 

” どんぶりの虜になって以降、真面目で高飛車な委員長のどんぶりへの情熱はますます加速し、それに付き合わされる吉田は次々と美味しそうすぎるどんぶりを作っていた。委員長の無茶ぶりに応えたカレーパン丼や、朝からガッツリ食べられちゃう洋朝食丼、暑い夏でもドンドン箸が進む生ハム丼や、秋の味覚に豪快に食らいつくナスステーキ丼などなど…。実際にお家で作れるレシピも収録した、ラブ米満載の新感覚どんぶり限定【学園×メシ】漫画、第2巻!! ”

 

どんぶり委員長 : 3 (アクションコミックス)
双葉社 (2016-08-15)
売り上げランキング: 5,196

 

” 気になる食材を白いご飯と一緒にどんぶりでかっ込みたくなっちゃう委員長と、それに付き合わされて不本意ながらも美味しそうすぎるどんぶり料理を作っちゃう吉田。手軽に本格的な味が体感できるトムヤムクン丼や吉田の思い出の味で作る紅しょうが天丼、さらには苦手な食材でも美味しく食べれる変り種納豆丼などなど…。もちろん全どんぶりのレシピも収録した、どんぶり感情満載の【学園×メシ】漫画、第3巻!!『ワカコ酒』の新久千映先生寄稿ページもあり!! ”

 

どんぶり委員長 : 4 (アクションコミックス)
双葉社 (2017-04-17)
売り上げランキング: 4,354

 

” 気になる食材を白いご飯と一緒にどんぶりでかっ込みたくなっちゃう委員長と、その無茶ぶりに応えるために美味しそうすぎるどんぶり料理を作っちゃう吉田。祭りではじゃがバター、ハロウィンではカボチャ、林間学校ではくん製まで…委員長の食欲を満たすために悪戦苦闘と試行錯誤をしながら生み出される創作どんぶりを介して、2人の距離もますます近付きつつあるようで…!?ラブ米満載のどんぶり限定【学園×めし】漫画、ごちそうさまの最終巻!! ”

……などという人間の肉体の可能性を具現化したようなそうでもないようなマンガを買ったのですが、これぞ知る人ぞ知るグルメマンガのダークホース。
第1巻は例によって無料でいただき、すぐ読んでかなりハマりました。
僕としたことがついうっかりすぐに続刊をポチりそうになったぐらいです。
(我慢しましたが。笑)

何がいいって、委員長がツンドヤ(基本ツンで、二人きりの時ドヤ顔女王様になる。もちろん稀にデレます)でめっちゃ可愛いということと、紹介されるドンブリがマジで美味そうなことです。
絵も実にシンプルすぎるほどシンプルで、最初大丈夫かコレとか思わないでもなかったのですが。その素朴な線が実に作風にマッチしていて、それもまた絶妙な味わいとなっているのです。

そして今回のセールで気づいたんですが、4巻で終わっていたのですね、実に残念。
でも打ち切りマンガマニアでもある僕にとっては2度美味しいのかも。

 

 

 

飯田橋のふたばちゃん : 1 (アクションコミックス)
双葉社 (2013-09-27)
売り上げランキング: 6,767

 

” マンガ好きにはおなじみの、あの出版社たちが女子高生になっちゃいました!? 個性豊かで問題山積みな美少女たちの、ちょっぴりブラックな日常4コマです。マンガ業界関係者は怒らないで……ね? ”

 

飯田橋のふたばちゃん : 2 (アクションコミックス)
双葉社 (2014-06-30)
売り上げランキング: 11,670

 

” 集●社、講●社、小●館、秋●書店、●ADOKAWA、ス●ウェア・エ●ックス、芳●社、少年●報社、徳●書店、竹●房、日本文●社、●迅社、リ●ド社などなど、有名マンガ出版社がみんな女子高生になっちゃいました! わかる人にはメチャクチャわかるブラックユーモアが満載!! 禁断の4コマです!! ”

……などという人間の肉体の可能性を具現化したようなそうでもないようなマンガを買ったのですが、ポプ子ちゃんも黙っていられないようなヤバゲなマンガが登場です。
とりあえず2巻表紙の真ん中にしれっと綾波っぽいキャラがいるんだけど、彼女がもしかして●ADOKAWAの擬人化なのかな?
てことは左のやたらとギターのうまそうな女子は芳文社か。
などと読む前から楽しめたりなんだり。

 

 

 

 

ということで買ったのはこの10冊でした。

無料でいただいたのが、超合本版8冊で単行本40冊分、通常の無料本が24冊くらいで合計64冊。

したがって今週増えた蔵書は74冊でした。(超合本版はまだ予約段階だけど)

もうね、バカかと。アホなのかと。僕がですよ?

ということで今週はこれくらいで勘弁してください……。