Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ピュア百合? いいえガチ筋肉&ガチ○リマンガです 「うちのメイドがウザすぎる」 第1巻 中村カンコ 【マンガレビュー】

2017/5/28に購入。

 

うちのメイドがウザすぎる! : 1 (アクションコミックス)

 

母を亡くし父と二人で暮らす小学生女子・ミーシャ。そんな父子家庭にやってきた新人家政婦は、やたらマッチョな上に三度の飯より幼女が大好きで…!?闘うヘンタイ家政婦VSロシア系小学生女子のほっこりしない系ホームコメディ!!

 

作者いわく「これはピュア百合マンガ」

 

だそうですが、僕からいわせればこれはどうみても「ガチ筋肉&ガチ○リマンガ」であります。
ですが今後の展開によっては「ガチ親子人情劇」になる可能性もあり、というか明らかにそっち路線の気配も濃厚で……

なんて思ってましたが、まだ買ってない第2巻はなんとアダルトカテゴリに行ってしまいました(笑)

 

 

 

ではまず、どの当たりが「ピュア百合」なのか。

 

主人公のメイドさんは筋金入りの百合女子。
(なんかレズビアンとかは書きたくない。生々しすぎて)

さらに学生時代には後輩の女子から告白されまくったほどのイケメン女子でした。
そして「男には興味ない」というセリフすら必要としないほどにナチュラルに女の子しか見ていない。
うーん、なるほどこれはピュア百合!

ただし彼女は元航空自衛隊員。
だからか、彼女自身は凄まじいほどの筋肉美の持ち主。
腹筋がすげーといえば、こちらのラブコメを僕は思い出しますが、彼女が可愛く見えるほど(いや実際早乙女さんはかわいいんですが)、こちらの主人公の筋肉はガチ。

 

どれくらいガチなのかというと、世紀末を余裕でヒャッハーできたり、エイリアンを素手で絞め殺せそうなほどにガチ。
そして残念なことに、その性的嗜好の守備範囲は非常に狭かった。
その具体的な範囲とは第二次性(略
すなわち「ガチ筋肉&ガチ○リ」なのであります。

 

 

 

これはもう「ウザい」じゃなくて「強い」、そして「ヤバイ」なのであります。

 

ということで物語はいやがる幼女をなんとか手懐けようとするあれやこれやで、肌色成分多めで展開されていくのですが、これだけでただの萌幼女ギャグマンガと決めつけるのは早い。

いや別に早くてもなんでも良いのですが、物語にはちょこちょこと幼女の家庭事情、そして筋肉メイドの過去が匂わされる形で入ってきます。

それにこの主人公、ただの筋肉変態じゃない。
性癖以外は実は凄くまとも、かもしれない。
とってもいいセリフを吐くんです。

例えば

「おトイレの後はもっとちゃんと拭

じゃなかった(笑)、
自分の外見だけを興味本位で人に見られていると思っている幼女に対して、

「仲良くなる前は外見で判断するしかありません。内面を知ってもらうには時間がかかります」

「好きな人のことを詳しく知りたいのは当然の感情」

などなど。
ただし良いこと言った後に変態行為がもれなく付いてきますが。

 

 

ということで絵もすごく上手いしキャラも可愛いし筋肉バッキバキで変態だしというかなり面白いマンガです。

1巻が一般で、2巻がアダルトカテゴリってのもマジ受けるwww
けど買いづらいやんけwwww

でもセールが来たら買います。
ちらっとみたら今30%オフ。

……いやまだだ。まだこれからだッ!!

 

 

うちのメイドがウザすぎる! : 1 (アクションコミックス)
双葉社 (2017-01-15)
売り上げランキング: 33,354