Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

そうだ、ギターを弾こう 【雑記】

そんなことを初めて思ったのは多分小学生の頃。

 

親にダメ元でねだってみたら、予想外にすぐ買ってもらえた。
マンガばっかり読んでるよりはマシだろうと思ったのかも知れない。
でもお父さん、お母さん、あなたの息子は超いい歳コいてまだマンガ読んでますよ。残念(笑)

じゃなくて、そこで当然ながらFコードで挫折した。
実は未だに苦手である。
恐るべし!、Fコード!!

じゃなくて、そのまま駄目なら駄目なりに練習していれば、高校生あたりでバンドデビューしてイケイケの青春を送れただろう。
でも止めてしまった。
ああ、僕のバカ。根性無し。

 

 

 

 

時は流れて大学生。
よっしゃ大学デビューだ!、ギターも再開だ!!

 

そこで手にしたのがなぜかクラシックギター。
これは未だに何故なのか、自分でも全然わからない。

小汚い部室に、むっさい感じの先輩と、地味でダサい感じの同級生。
僕も負けずにむさくて地味でダサくてでも自分ではイケてると勘違いしているナイスガイだった。
だから同時に夏はテニスで冬はスキーでございます的なチャラいサークルにも入っていたんだけど、自分の居場所だって言う気はぜんぜんしなかった。
しなかったけど女の子が可愛かったのでずっと参加はしていた。
振られたけどそれはほっておいてくれっ

自分の場所だなーと思えたのはあの地味でダサくて薄暗いクラシックギターのサークルだった。
でも練習はあまりしなかった。
思えばここでもっと真面目に練習していれば、クラシックギターはすべてのギターの基本なのだから、その後弾き語りやあるいはエレキでロック方面にもいけたであろう。
でも真面目に練習しなかった。
ただ部室にいるのが楽しかった。

 

 

 

 

更に時は流れて社会人。
ギターは完全にお蔵入りした。

 

その後結婚とか転職とか子育てとか。

実は早い段階で広義の意味でのギターに復帰する。
だがそのギターはでっかい筐体に繋がれていて指板にはボタンが3つだけ。
そして右手は弦の代わりにレバー的なものをぺしぺし叩くという、例のアレだった。
そう、音ゲーの元祖、ギターフリークスだ。
(正確には音ゲーの元相は初代beatmaniaだと思われるが、まあ細かいことはいいんだよ!)

これがまた実によく出来たゲームで、曲の良さと音の良さ、そしてボタン3つにもかかわらず絶妙な演奏感で、僕を激ハマりさせた恐ろしいゲームである。
当然同時期にドラムマニア、ビートマニアIIDXなど、コナミの一連の音ゲーにハマって、それはなんとつい最近まで現役だった。
なんか気がつくと20年位やってた気がする。
でも流石に最近は現役を引退した。
いい加減譜面が見えなくなってきたからである(笑)

 

 

 

それに本当に今更ながら、本物のギターの方が面白いということに気がついたからだ。

 

いや音ゲーは音ゲーでとても素晴らしいんですけどね。比べるのがそもそも間違い。音ゲーの楽しさについてはまた別稿にて。

でも本物のギターに再会するきっかけになったのは、実はまたしてもゲームだった。

それがこちら、「RockSmith」PS3版。
これは本物のエレキギターを繋いで遊ぶ音ゲーである。

 

ロックスミス2014 (リアルトーンケーブル同梱版) - PS3
ユービーアイソフト (2013-11-07)
売り上げランキング: 1,156

 

 

このゲームが発売された瞬間、本物のエレキギターと一緒に即買いした。

収録されている曲も本物だ。
ローリングストーンズ、エアロスミス、レニークラヴィッツ、アイアンメイデン、ディープパープル、スティーヴ・ヴァイなどなど(好みで上げてしまったので、一部有料DLCも含む)

これらの曲を流れてくるマーカーに合わせながらギターを弾けば、本当にセッションしているように音が流れる。
音が間引かれている低レベルの譜面でも、実に気分良くギターを弾いていいる感じになり、ほぼ原曲通りの高レベルの譜面でも、スピードを半分にして練習したりエイヤで適当にごまかして弾いたりしてもこれまた実に面白かった。

でもやはり技術的にすぐに詰まり、また時代はPS4になって有料DLCを買って曲を増やすのもなんだか不安になってきたので(ハードが変わるとDLCなどのデータも共有できないのです)いつにまにか止めてしまった。
ここで止めずに練習していれば、おっさんなのにちょいとギターとか弾けるナイスガイになれたであろうに。

こんな感じの

Fire & Ice
いやすみません、それは無理ですが(笑)

 

 

 

でもRockSmithは止めたけど、今度はアコギに戻ってきたのである。

 

無性にソロ・ギターを弾きたくなったからだ。
ソロ・ギターってのは、最高峰レベルで言えばマイケルヘッジスや押尾コータローみたいな、ギター一台でとんでもねーようなインスト曲を弾くというあれです。

でもそんな高レベルなものにはいきなり手は出せない。
そこで出会ったのがこの一連の南澤大介さんの「ソロ・ギターのしらべ」シリーズだった。
このシリーズは僕が電子書籍でもないのに買ってしまう本の代表格である。
(いや電子版ででたらそっち買いますけどね)
ということで今ハマっているのはソロ・ギターなのです。
難しいけど、とてもおもしろいです。

ということで続く?

 

 

ソロ・ギターのしらべ 感涙のバラード篇 (CD付)
南澤 大介
リットーミュージック
売り上げランキング: 14,072

 

 

ソロギターのしらべ 至高のスタンダード篇
南澤 大介
リットーミュージック
売り上げランキング: 9,437

 

 

 

日記

Posted by morogami