Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

清々しいほど割と普通?なエログロマンガ 「サタノファニ」 第1巻 山田恵庸 【マンガレビュー】

2018/3/2に購入。

サタノファニ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 『エデンの檻』『DEATHTOPIA』の山田恵庸、最新作! 活発で食いしん坊な、普通の女の子だったはずの彼女は、ある事件をきっかけに「羽黒刑務所」へと導かれる。島に建てられたその刑務所には、メデューサ症候群と呼ばれる殺人少女たちだけが集められているのであった。彼女たちに宿る凶悪とは――!?

 

 

最初のまとめ

 

謎の殺人病にかかった少女たちが、謎の刑務所で、肌色多めで殺し合いをします。以上。

 

 

 

 

というような清々しいほど割り切ったエログロマンガ

 

 

とにかく隙きあらば脱ぎます殺します。

一応物語の舞台や設定にそこそこ謎が散りばめられてはいます。
てゆうか本来的には謎解きサスペンスを志しているのは明確にわかります。
わかるんですが、それらがすべて彼女たちを脱がすことと殺し合いをさせることに絞って構成されているとしか僕には思えない。
つまり謎とかわりとどうでも良くなってしまう効果を及ぼしているような気がしてならない、ということで、「清々しいほど」と表現したのです。

 

こういうジャンルというか作品の方向性には一定の需要がありますし、そもそも僕も嫌いじゃない。
ただし相当の画力があるならばですが、この作者さんには十二分にそれがあるのでそこはOK。

それとあまりにもグロすぎるものや胸糞悪すぎる展開はご勘弁ですが、グロ描写に関しては絵が非常にすっきりキレイなので、非現実感が増していて僕でも耐えられるレベルでした。

胸糞展開は……これは今後きつくなってくるでしょうが、まあある程度は仕方がない。

 

 

それからゾーニングも重要ですね。こんなマンガが少年誌に載っていたらちょっと嫌ですけど、ヤンマガだからセーフ。
でももしチャンピオンだったらある意味セーフだったかも。雑誌のカラー的に。
そもそもあれもうあんまり「少年」は読んでないんじゃね的な(笑)

 

 

 

さてさっきから僕は「女の子が脱いでいろいろアレすればええんや!、謎とか設定とかどうでもええのんや!!」的な失礼な事を書き散らしていますが、それは半分は冗談です。

 

謎も重要ですッ、半分くらいはッ(やっぱり失礼

 

この最初の巻で提示された謎は以下の通り。

 

●メデューサ症候群(少女にだけ発症する殺人衝動)ってなんやねん

●謎の刑務所の正体はいったいなんやねん

●主人公の女の子がおそらく一番ヤバイヤツなんだと思うけど、どういう秘密を持ってんねん

 

こんな感じでしょうか。
それぞれそこそこありきたりな予想はできるのですが、実際それを書いたりもしたのですが、無粋なので消去。
記憶からもデリート。
(まあこれは僕の場合薬物など使わなくても3歩くらい歩くと出来てしまうのですが。笑)

 

 

 

それと一応野暮だけどちょっとだけ突っ込み。

 

 

囚人護送は(多分)刑務官の仕事じゃないし、一人だけではしないし、助手席には載せないし、途中で降りてメシも食わない。
……けどそうしないと物語後半で重要人物になるっぽいあのおじさんとの絡みが無くなっちゃうから良しとしましょう。

 

でもあんな裁判シーンはねえよ、どう考えても。
レイプ犯の遺族が傍聴席でぎゃーぎゃー騒ぐとかありえないし、そもそも罪状はせいぜい過剰防衛程度だろうし、それすら心神喪失による責任能力なしとなる可能性のほうが高そうだし……。
これも主人公を刑務所に送るためのただの設定としても、もうちょっとナントカならんかとここだけは思いました。
まあ物語の本筋とは関係ないんですけどね、神は細部に宿るともいいますから、あんまりな突っ込みどころは無いほうがいいでしょう。

 

 

 

ということで、少々いろいろあるものの、清々しいほどすっきり爽やか?なエログロマンガであることは間違いありません。

 

でもこんなお馬鹿な僕の予想を遥かに飛び越えて、次の巻以降では謎が謎を呼ぶすんばらしいミステリアスでサスペンスな展開が待っているかも知れません。

 

そのときは素直に謝ります。
むしろそうなることを期待しつつ、続刊のセールを待ちたいと思います。

 

 

 

サタノファニ(1) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2017-06-06)
売り上げランキング: 3,534