Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

【キンドル無料本情報】 仁義なき戦い Amazon vs. Google 【その54】

よろしい、ならば戦争だ

 

と言ったかどうかは知りませんが、世界に冠たる2大企業であるところのアマゾンとグーグルの仲がとてもよろしくない模様。

Google未認証のAndroid端末でGoogle純正アプリが使えなくなる予定

 

このグーグルの規制がアマゾンを狙い撃ちにしたものとはいい切れませんが、FIREタブレットがその対象となっているのは間違いないところ。

それにスマートスピーカーの販売競争に置いて、ライバルの製品を自分の販売サイトで扱わないという事態も起こっています。
これは今までではほぼありえないことでした。

またアメリカ本土に置いては、オフラインの販売ルート獲得競争もすでに激化しているとか。
(アマゾンはホールフーズ買収、グーグルはウォルマート提携)

 

これはもう戦争、それも世界大戦規模の戦いじゃないですか?

もちろんライバル同士切磋琢磨してその恩恵がユーザーに還元されるならば大歓迎ですが、なんだか規模が大きすぎて弊害もクソでっかいような気が……。

 

僕のように「iPhoneよりAndroidでkoboよりkindle」な人、すなわちグーグルにもアマゾンにもどっちにもどっぷりと依存している人としては、お互いに商売を邪魔したり規制したりする方向じゃなくサービス内容で戦ってくれよ!!と叫ばずに入られません。

 

そして恐ろしいことにその戦争の影響がこんなところに……

 

今週は無料マンガが少ないッ!!

 

も、もしかしてグーグルとの戦争のためにkindleの無料マンガ担当者が徴兵されてしまったのでは……

 

んなわきゃない(笑)ってことで、今週は少ないけど無料マンガ情報いってみましょうっ

あ、ところで少ないと言っても、僕が欲しい作品が少なかったという意味で、kindleコミックストアには数も把握できないほどの大量の無料マンガがラインナップされていますのでご安心を。

 

 

 

極!!男塾 1

極!!男塾 1

posted with amazlet at 18.03.31
日本文芸社 (2014-10-01)

 

” 奇跡の大復活!!!!
80年代の少年少女を興奮の坩堝に巻き込んだ伝説の名作・「魁!!男塾」の最終章が遂に発売!!
「男塾」のみならず、過去作品のキャラ総出演の様相を呈した、ファン垂涎、正に宮下あきら漫画の集大成。
予測絶対不可能の超展開も話題の、宮下ワールド決定版!! ”

などという戦争の虚しさと愚かさを主張してやまないようなそうでもないようなマンガが¥0だったのでありがたくいただいたのですが、正直「まだやっとんたんかワレ!」という気がしなくもないのですが、大ベテランががんばっていらっしゃる姿には一マンガファンとして感動を覚えずにはいられません。
いられませんが「最終章」とか「集大成」という言葉には、王大人の「死亡確認!」程度の信憑性しかありませんが(笑)

 

 

 

” 凶悪組織『魔弾の射手』によるテロ計画。その計画には『第三の皇帝』と呼ばれる力が必要だという。藤丸(ふじまる)は『魔弾の射手』に潜入する父・竜之介(りゅうのすけ)をサポート。テロ対策組織『THIRD-i(サードアイ)』と共に『第三の皇帝』の奪取を狙う!! ”

などという戦争の虚しさと愚かさを主張してやまないようなそうでもないようなマンガが¥0だったのでありがたくいただいたのですが、戦争はもちろん巨悪ですが、テロリズムも負けず劣らず、いやむしろ犯罪性や残虐性という意味においてはもっとも忌避すべきもの。
現実でもきっと各国それぞれのテロ対策組織が日夜戦っているのでしょうね。
問題は国そのものがテロリストなんじゃね?的な疑惑のある国がちっちゃいところから大国まであるところ。
……なんてことをマンガを読みながらたまに考えるのも悪くないのかも知れません。

 

 

 

” 新一の母親を殺害した寄生生物は、その身体を乗っ取り新一を襲う。重傷を負った新一だが、ミギーの力で復活する。母の仇を探す新一は、同じように寄生生物に半端に身体を乗っ取られた宇田学と出会い、初めての仲間を得る! 完結後20年が経ちながら、今なお新たな読者を獲得し続ける伝説的大傑作がフルカラー版で登場! ”

などという戦争の虚しさと愚かさを主張してやまないようなそうでもないようなマンガが¥0だったのでありがたくいただいたのですが、モノクロ版はとっくに購入、読破して「好きすぎて/名作過ぎてレビューが書けないマンガリスト」に入っています。
そしてこのカラー版ですが、この作品に限らず最初は「作者本人が塗ってるわけじゃないし、そもそも別にカラーでなくてもいいっしょ!」的な事を思っていたのですが実際に読んでみるとこれがなかなか新鮮でいいものでした。

それと「寄生獣」完結後20年というところに衝撃を受けましたが……。

 

 

 

” 人間と妖怪たちが共存している桜新町は、霊桜(れいおう)「七郷(ななごう)」を中心に不可解な事件が起こる町。だけど、それに立ち向かう、『比泉(ひいずみ)生活相談事務所』の不思議な面々を率いる所長・比泉秋名(あきな)は真人間。なんで? 今回、この町に妖怪たちが集まってくる理由や、秋名の本当の能力があきらかに! 面白さ加速、魅力的な女の子キャラよりどりみどりの新感覚ハートフル・アクション!! ”

などという戦争の虚しさと愚かさを主張してやまないようなそうでもないようなマンガが¥0だったのでありがたくいただいたのですが、1巻は以前にいただいていてまだ未読だったのでそろそろ読みますかね。表紙がめっちゃかわいいしね。

 

 

 

” 部員や野球選手の形態模写が大得意の人気者、でも本番はからっきしの多摩川高校野球部万年補欠・野中(のなか)ゆたか。しかし、その形態模写が新たに就任した“神宮の星”と呼ばれる名選手・君島(きみじま)監督の目に留まり、なんと練習試合の4番・ピッチャーに!?監督は野茂(のも)になりきって投げろというが……モノマネがうまいだけでコントロールも体力もないゆたか。どうなる初マウンド!? ”

 

 

” 南東京ベスト4の強豪・千束(せんぞく)高校との練習試合。君島(きみじま)監督の言うとおり「野茂(のも)ならどう投げるか」を考えて“楽しんだ”ゆたかは、1回表を1失点で切り抜けた!そして1回裏、ゆたかは“落合(おちあい)”としてバッターボックスに立つ!スイングを真似るだけでなく、ボールをバットに当てることができるのか……!? ”

 

 

 

” 9回裏で2対5の三点差と、シード校・千束(せんぞく)高相手に善戦してきた多摩川(たまがわ)高校。君島(きみじま)監督は、サヨナラゲームを狙うというが……万年一回戦チーム、しかも下位打線にそれが本当にできるのか?誰よりもナインが信じられないまま、ゲームが再開する! ”

などという戦争の虚しさと愚かさを主張してやまないようなそうでもないようなマンガが¥0だったのでありがたくいただいたのですが、それにしてもこの名コンビによる野球マンガはいったいどれだけの数が世に出てるのでしょうか。

ということでググってみましたが、野球漫画としては4作品。単行本の数としては150冊ぐらい……なのかな。よくわからなかったけど。
長期連載が多いので意外に作品数は少ないんですね。
どっちにせよレジェンドだコレ……。

 

 

 

 

 

ということで「戦争反対!、テロリズム反対!!」を高らかに叫びつつ、だからこそさっさと憲法改正しようぜ論者であるところの僕としては、今週はこれくらいでかんべんしてやらあっ!!!と言わざるを得ない。