いやほんと、自分にとっては飲み会というのは本当に時間の無駄。苦痛タイム。

 

実はお酒も弱いけど嫌いじゃないし、美味いもの食べるのは好きだし、人と話すのもさほど辛くない(いや話さなくていいならばずっと黙っていたい程度には得意じゃないけど)。

ではなんで時間の無駄&苦痛なのかというと、それはもうお酒を飲んでしまうとその日は(下手すると翌朝も)他に何もできなくなるからです。

 

 

今現在、僕が帰宅後にやりたいのは筋トレだったり、アコギの練習だったり、読書・マンガ・アニメだったり、Steamや怪しいレトロゲームマシンのゲームだったり、などなどとにかくいろいろあります。

これが外で酒を飲むと全部できなくなる。なんでやねん!

まあ一応社会人としても長いので大人の付き合いとか懇親会とかの意義はわからんでもないですが、やっぱり辛いものは辛い。

 

などとぐちばっかり書いていても仕方がない。その対策は?

うむ、できるだけお断りすることと、せめて二次会は行かないことでしょうね。

あと送迎ドライバーをかってでて、合法的にノンアルでやり過ごすというのも悪くはない。(田舎だから飲み屋へはみんなクルマで行くのです)

これだと帰宅後にまだ何かやれる余地ができますから。

実はこれらはすでに絶賛実施中なので、飲み会はだいたい月に2回以下に抑えられてます。理想はゼロだけど、これを目指してしまうと仕事上の弊害のほうが大きくなりそうなので、まあこんなものでしょう多分。

 

なお、以上の意見はあくまでも個人的なものであり、飲み会大好きな方々や、飲み会で人脈拡大!商売繁盛!!的な思想の方を否定するものではありません。ただ「俺はほっといてくれ!」ってこってす(笑)

でもこっちは否定しないのに、向こうは否定していくることが多いのが理不尽です・・・続く