Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morogami/morogami.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

最近のライフハックネタの元ネタと言うか偉大なる影響元の方々のご紹介

このブログで紹介しているライフハックネタには当然のことながら元ネタがあります。

それは大半が書籍由来の情報であり、最近では Web 上の情報、特に動画から得られたものがたくさんあります。本来ならばそういう元ネタは全て出典として明記すべきだとは思ってはいるのですがなかなか実行できずにいます。

 

 

理由というか言い訳としては、随分と昔からそういったネタを本で集めては試すのが趣味だったこともあり(一番古いところでは「超整理法」(野口悠紀雄)が新書で出版された頃あたりから)既にどこのどれが影響元だったのか不明なものが多々あること。

またほとんどの情報は必ず自分で試して自分なりにアレンジを入れたつもりでいるのでまあお許し願いたい・・・とか思っていたためです。

 

本当であればそんなことは言い訳にもならず明記すべきであることは承知しています。千葉雅也さんも「勉強の哲学」の中で出展を明確に言えることこそが云々かんぬん(記憶だけで書いてるのですみません。こんなふうにうろ覚えの記録だけで記事を書いてて、そもそも誰のどの本だったかわからないことも多いのです・・・)書いておられます(多分)。

 

また一番最近になって影響を受けている方(詳細は後述)に対しても、その書いた本や動画での発言の中で必ず出典やエビデンスを明確にしているという態度に感銘を受けてフォローするようになりました。

 

 

今後は僕も出来る限り出典を明示していきたいと思います

 

思いますが、前述したとおりほとんどの記事を歩きながら記憶だけで書いているので、やっぱりちょっと無理なところもあるかもしれません。

ということで最近に限定になりますが、僕が大いに感銘を受けて多大なる影響下にあり、本来の意味でのフォロワーとさせてもらっているお二人を紹介しておきたいと思います。

まあ勝手ながらメンターになってもらっているという言い方もできそうな感じの方々です。

でもボク、メンターって言い方嫌いなんですよね。師匠とか兄さんでいいじゃん。でもメメタァ!は好き・・・。

 

 

 

まずは既に当ブログでもよく名前が登場する森博嗣さん。

 

蔵書の中で言えば以下の本を読んで「はえ〜、すっごい」となって、ビンビンに影響を受けまくっております。(他に紙の本も何冊かあった気がしますが次元の隙間に転移してしまったようです)

 

 

 

(小説とかそのマンガ版とか混じってますがご勘弁を。それともっとあった気がするんだけどkindleアプリの検索がどうもアレなので・・・)

 

何度かこのブログでも書いた気がしますが、この方は本来小説家で一般的にはそちらのイメージの方が強いかと思われます。でも僕は大変失礼ながら森さんの小説は「すべてが F になる」しか読んだことがありません(ただしこの作品についてはアニメも見ました。面白かったです)。従って僕の中ではこの方は実用書・思想書作家として捉えられています。

その思想の特徴を一言で表すのは僕には難しすぎるのですがあえて挑戦してみると

 

「論理的かつ抽象的、でも実用的」

それでいて押し付けがましくないところがとても好きです。

 

こういった本のそこかしこに「僕はこうこうこういう理由でそう思っているのでその通りにしている。読者にそうやれと言っているわけではない」的な文言が見られます。これをその辺の人が書いたのであれば逃げとも取られかねない一文ですが、森博嗣さんが書くと「なるほどこれは自分でもよく考えてみなければなるまいて」となるのが自分でも不思議です。

 

そして最近のブログでも書きましたが、1日合計1時間ぐらいしか仕事をせず、あとは自分のやりたい工作や庭園鉄道作りに勤しんでると言う究極のロマンあふれる生活ぶりに憧れているわけです。

 

単純にいいなそういうのと思うのと同時に、そういう立場になれるように一つずつ計画して一個ずつ積み上げてきてここまで至ったというところが著作のあちこちから読み取れる点に素晴らしい!!

「いやそんなのたまたま小説家としての才能があったから出来たんだろ」というのは簡単だし正直僕も少しは思わないこともないけれど、やはりここは夢を実現するべく計画して実行してここまでたどり着いた男、というように捉えたい。

それならばボクでも真似できそうじゃないですか、少しだけでも。

 

 

 

 

さてもう一人紹介しよう。

 

僕の書いた記事の中に登場した歩きながら瞑想しつつものを書いたりしているということや、環境から誘惑物を排除して生産性をあげようという考え方を見て、ピンとくる人は来てしまったかもしれない。

 

 

そうですメンタリストDaiGo さんです。意外と思う人もいるかもしれないしああやっぱりと思う人もいるとは思いますが。

 

とにかく最近その著書と特に動画からかなりの影響を受けまくっております。

昔この方をテレビで見た時には「面白いけどへんてこりんなインテリ芸人が出てきたもんだぜ」ぐらいにしか思わなくて、どうせすぐ消えるかクイズ番組ぐらいでしか見かけなくなるだろう的な失礼なことを思っていたものでした。

そして案の定テレビであまり見かけなくなった頃、本屋を徘徊している時に本を何冊か書いてることに気がつきました。ちょっと気になったので、kindleでセールになった時に買ってみ読んでみました。それらが以下の本です。

 


 

 

(おっと、意外と本は買ってなかったですね。特に最近のやつは。実はこれには理由がありますが後述)

 

そしたらこれすごく面白かったんですね。しかもすごくためになる。というか真似してやってみたくなる。

これらの本で紹介されているほとんどの心理学的なテクニックには、出典となった論文を中心としたエビデンスと、自らの体験談が記されていました。

しかもこれは体験談というよりは各種論文から得られた情報を自らの身をもってして科学的に検証したというようなものでした。

うわーへんてこインテリ芸人とか言ってごめんなさい!と叫びながら心の中でローリング土下座をした僕は、そこからすっかりファンと言うかフォロワーになったわけです。

 

そして最近では YouTube やニコニコ動画の動画までがっちりチェックするようになってしまったと(これが本をあまり買っていない理由でした)。そんでもって僕も現在進行系で片っ端から自分の身で検証していると。その中でいい感じなものをブログで紹介しようとしていると。そういうわけなのです。

 

ただし有料の動画(ちゃんと入会したんスよヘヘッ)から得た情報もたくさんありますので、当然のことですがそれらに関してはそのままブログ記事に書いたりせず、まず自分でやってみて検証した結果を書くようにします。

 

 

 

 

 

以上、この二人が僕が今現在進行形で影響を受けているライフハックの師匠とも呼べる方々した。

 

お二人ともライフハックの師匠呼ばわりとかされたくないと思ってる気がしますが。

もちろんこの他にも野口悠紀雄さんや千葉雅也さんや読書猿さんをはじめとしたたくさんの師匠がいるわけですが割愛させていただきます。これからもあちこちでご登場願うでしょうから。

 

以上、「元ネタ大告白したので出典書き忘れても許してください。どうかお願いします。どうかお願いします」の巻でした。続く