メモはデジタルが良いのか紙がいいのか問題

2022年5月4日

答えは両方。

てのは超ありきたりな結論ですが、まあ真実なんだから仕方がない。

でもあちこちに書くと肝心なときに探せなくて困りますよね。ということは検索できるデジタルが最強となるわけですが、メモを見返すのに明確な検索語がある時の方が実は少なくないですか?

なんかアイディアとか出したい!ってときはぼんやりとあちこちいろりと眺めたいじゃないですか。そんな時はデジタルだとやっぱりやりにくいんですよね。

27インチ画面にウィンドウ出しまくりでついでにiPadやスマホにもいろいろ表示させたりしてもどうにも頭に入りづらい。(広げすぎって説もある

その点、紙に手で書いたメモはなぜかすっと頭や目に入ってくる。

これはやっぱり目の前に「紙」という物質が確かに存在し、しかもそれに文字を書いたのが自分の手、という記憶が作用しているのでしょう。

基底現実に存在する自分に親和性が高いのは、同じ時空に存在する形のある情報、ってことなのかな。

ということは自分という存在の基盤がネットスフィアに依存というか、サイバー空間にダイブというか、ゲーム世界に転生とか(これは違うか)できるようになったら、今度はデジタルデータが感覚的に馴染むということになると思われます。

早くそんな時代が来ないもんですかね。「ネット端末遺伝子組み込みの被験者募集!」みたいなのあったら真っ先に応募しますけど。

(基底現実とかネットスフィアとかネット端末遺伝子とかは弐瓶勉さんの「BLAME!」より。でもあんなデストピア的未来が来ても困るけど)

そして身も蓋もない結論その2。

「なんでもいいからとにかくメモはとりなされ(全部覚えていられる超人以外)」