お籠り型のデスクレイアウトに変更しました

運のいいことに妻子有りの身分でありながら自分の部屋を持っている私ですが、定期的に机やらなにやらの配置換えをしたくなるという嗜好を持っています。趣味と言っても良い。

もっとも築40年の建物内の6畳の和室なのでそこそこオンボロなんですが、なんと言ってもほぼ完全にパーソナルスペースなので、その存在は僕の唯一の物的財産と言っても過言ではないのです。

こういう自分だけの空間を確保するために、運もあるけど結婚当初から涙ぐましい努力をしてきた結果今があるのですが、そのお話はまた今度。

おっと先に書いておきますが実際の部屋の写真とか図面とかはないです。こういうのが僕のブログのアレなところ……。

 

 

さて、今回のレイアウトの肝を一言で言い表すならば、「集中して籠もれる環境構築」。

具体的には入ってきた家族からいきなり作業画面が見えないようなデスクとPCのレイアウト、です。

自室とはいえ、流石に鍵はかけていません。てゆうか襖だし。ですから割と気軽に家族は入ってきます。

別に入ってきても問題のある行動など最近はしてませんが(笑)、それでも今書いてるテキストエディタの画面とかWordPressの編集画面とかTwitterでフォローしてるマンガ家さんのちょいエロイラストとかを見られるのは少し恥ずかしい。

ちょいエロイラストは実はまあいいんですが(いいのかよ、
書いている文章の途中を見られるのはなんかダメですね。

正確には誰か入ってくるかもしれないと思ってるだけでなんか書いている内容にも影響がある気がしてしまいます。集中できない。

それじゃあせめて画面隠そうぜ!ということです。

 

やったことはシンプルで、壁にくっつけていたデスクを移動させて、そのデスクと壁の隙間に座るようにしただけです。

入り口から入ってきたやつにiMacのカッチョイイ裏側を見せつけたるぜ!的な。

これだけでもなんか落ち着けるということがわかりました。

狭いところに入り込む感じがまさに「お籠り」。

ということで新環境で書いてる今朝のブログはいつもよりも少しだけ長くなりました(ニッコリ