コミックス, レビュー, 電子書籍(kindle)

まず「BLAME!」と言ったら、僕が好きすぎて記事がどうにも書けないという弐瓶勉さんのSFマンガの金字塔。

果てしなく巨大な階層都市の中を、探索者の霧亥(キリイ)は何千フロアも放浪する。求めるものは「感染前」の「ネット端末 ...

コミックス, レビュー, 電子書籍(kindle)

kindle unlimitedで2017年8月末に読了。

 

 

「物男」とは自らの身体を駆使し、ラブホテルでベッドとして働く特殊肉体労働者。
26歳の童貞男、関戸は白 ...

コミックス, レビュー, 電子書籍(kindle)

世界一のIT企業には、やはり世界一のメソッドが多々あるらしいのである。だが僕は残念ながらグーグルでは働いていないので、その一端はこうした書籍に寄って触りを知るのみだ。

レビュー, 一般書, 電子書籍(kindle)

そして僕が高城剛氏の文章を読んで感じたこと。それは「悔しいけどこの人は信用できる」だった。うむ、まだ「悔しいけど」はしばらく取っ払えないかもしれない。

コミックス, レビュー, 電子書籍(kindle)

登山ヤバイ度:★★★★★

登山とか僕は絶対にしないけど、登山マンガは好きなんです。

 

物語というものの良いところの一つに、自分ではできない(しない)ことを疑似体験できるという点があると思います ...

コミックス, レビュー, 電子書籍(kindle)

ヒマラヤの山麓の村に地元の少女と暮らしている日本人と思われる男がいた。彼は「K」と呼ばれ、通常は目立たない暮らしをしているが、救出不可能と思われる遭難事故に際し最高の登山家としての能力を発揮する。彼が髭を剃る時、奇跡は起きる。

レビュー, 一般書, 電子書籍(kindle)

楽観主義者(オプティミスト)は成功しやすい。悲観主義者(ペシミスト)は鬱になりやすい。……まあそりゃそうだ。

コミックス, レビュー, 電子書籍(kindle)

本書はそんな堀江貴文さんがムショに叩き込まれたときのことを、面白おかしくマンガ家した作品。まったくタダでは転ばないところは流石である。

コミックス, レビュー, 電子書籍(kindle)

超コミュ症の無表情美少女のもとへ、褐色のタヒチアンダンス少女がやってきて、てんやわんやの大騒ぎ!?隠れ努力家系お嬢様と、長身巨乳日舞女子と、男の娘もいるヨ!みたいな話。画力も高く、それぞれのキャラクターもそこそこユニークで、もっと面白くでき ...

レビュー, 一般書, 電子書籍(kindle)

kindle unlimitedで、2016年4月くらいに読んだ気がする。

 

 

あなたは、「身の回りが片付けられない」「仕事の段取りがうまくできない」などと悩んではいませんか ...